相談している人達

#NAME?

ハートと妊婦

最新の医療技術を持ち合わせている男性不妊治療クリニックは多角的な検査を行います。しっかりと原因を見抜いてくれるので安心です。

カルシウムを摂取することで元気な赤ちゃんに育てていくことが出来ます。妊婦の栄養サプリはここから。多くの種類があります。

これまでの不妊治療における検査は前段で述べたようなもので、主に女性側の検査が主でした。しかし不妊の原因は女性だけでなく、男性側の要因も多いということが近年明らかになってきました。そのため男性不妊かどうかを特定する検査も行う病院も増えています。精子を採取し、その数や濃度、運動率、直進率などを調べます。この数値があまり良くない場合は、人工授精や体外受精をして不妊治療を行います。また最近ではAMH検査も良く行われています。これは女性の卵巣内にどれくらいの数の卵が残っているかを調べるものです。この数値が低い場合は、残りの卵が少ないということなので、不妊治療のスピードを早めに行い、ステップアップの判断も早めに行った方がよいとされています。

病院で不妊検査

カプセル薬

子供が中々できない場合は不妊を疑い、検査することが求められます。不妊治療を行っている病院で検査を依頼し、様々な検査項目を実施していきます。検査に躊躇する方が多いですが、早めの検査で対応が変わってきます。

Readmore

妊婦の栄養と葉酸

診察室

赤ちゃんは子宮を通して栄養を得るため、妊娠すると栄養に関して気をつける必要があります。葉酸の摂取は姙娠三ヶ月までに毎日400g摂ることで先天性異常のリスクを低減させることが期待できます。

Readmore

避妊だけではないピル

注射器

ピルとは避妊具の一種で、同時間帯に飲むことで排卵を抑制することが可能です。ピルの避妊率は高く、また月経のタイミング調整に使われたり、生理痛の緩和にも使用されることがあります。正しい知識の元服用するのが大事です。

Readmore

姙娠のタイミング

妊婦のおなか

姙娠はタイミングが大事で。確実なタイミングを知ることで確実な姙娠が期待できます。排卵検査とは排卵日を特定する検査で、医療品を扱うところで比較的容易に入手することができます。

Readmore

入りやすい婦人科

水辺と妊婦

婦人科と聞くと産婦人科をイメージする方も多く敷居が高くないりがちですが、最近では産婦人科が併設されていない場所も多く、思っている以上に敷居は下がりつつあります。また婦人科と名前が入っていない所も多くあります。

Readmore